SEEDS Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ建築設計室|デザインと機能を追求する一級建築士事務所

メニュー

私家版 建築用語辞典 |う

[cc_h_line color=”cccccc”]







[cc_h_line color=”cccccc”]

うだつ
棟続きの隣家との境の壁を屋根面より突き出したもの。延焼防止の役割をしていた。古い商家の街並みに見られる。
うだつを上げて財産を守ることから、その逆の意味で「うだつが上がらない」という言葉が生まれた。

うちっぱなし【打放し】
コンクリート打放し

うま【馬】
部材を所定の高さに持ち上げるときに、下に挿しこむスペーサーのこと。
「馬をはかせる」という使い方をする。

うま・めじ【馬目地】
れんが、タイル、ブロック積みなどで、縦目地が一段ごとに食い違っているもの。→芋目地

うわ・ば【上端】
部材の上面のこと。

RSS デザインと機能性のある家

Seeds Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ
建築設計室 
〒201-0015 
東京都狛江市猪方3-22-17-107 

お問合せフォーム