SEEDS Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ建築設計室|デザインと機能を追求する一級建築士事務所

メニュー

私家版 建築用語辞典 |い

[cc_h_line color=”cccccc”]







[cc_h_line color=”cccccc”]

いちまつ・もよう【市松模様】
碁盤目のなかで2色を互い違いに配置した模様のこと。チェック模様。

いっきゅう・けんちくし【一級建築士】
あらゆる規模の建築物の設計および監理ができる。さらに設計で報酬を受けるときは「一級建築士事務所」として登録しなければならない。 →建築士

いぬ・ばしり【犬走り】
建物の保護のために、建物の外周部の足元まわりを幅60cmくらいで石・コンクリート・砂利などで敷き固めた部分。

いぬ・やらい【犬矢来】
人畜の寄り付きを避けるための塀や壁に平行に設ける低い柵。日本の古い街並みで見られる。
駒寄(こまよせ)・駒除け(こまよけ)ともいう。
古い街並みでなくても、料亭を象徴するデザインとして玄関先によく用いられる。
犬が粗相をして塀が傷むのを防ぐために、「犬走り」部分に「犬矢来」を置いたわけである。

いも・めじ【芋目地】
れんが、タイル、ブロック積みなどで、縦目地が2段以上通るようにしたもの。→馬目地

RSS デザインと機能性のある家

Seeds Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ
建築設計室 
〒201-0015 
東京都狛江市猪方3-22-17-107 

お問合せフォーム