Case 1


縦格子と庇でL型に囲われた玄関。玄関脇には飾るための出窓を設け、来客への心遣いが表現されます。
≫詳しく

Case 2


内へ入っていく動作の中で、視線が外部へ向かうと開放感が得られます。玄関にそんな仕掛けをすると、家の印象が大らかになります。
≫詳しく

Case 3


半内部化した玄関ポーチ。手前にスチールの格子があって防犯性能を高めています。玄関脇には多目的に使えるベンチを設け、ガラスの内外に連続することで、のびやかな玄関廻りとなりました。
≫詳しく

Case 4


戸建住宅の玄関上がり框の壁に飾り棚。
ここでのバックライトは和室の明かり。
障子越しの光は優しく、帰ってきた時に安らぎを覚えるものです。
≫詳しく

Case 5


大型の住宅になると、内玄関が必要になることがしばしばあります。
家族の誰もが便利に使う内玄関は、住まい手の考えやライフスタイルがもっとも表現される空間といってもいいでしょう。
≫詳しく