横浜市の場合、木造であっても躯体工事が終わったところで中間検査を受けなければなりません。
9月14日、検査機関による中間検査がありました。主に防腐・防蟻の塗布状況や、柱と梁をつなぐ金物のチェックをしていきます。
特に指摘事項はなく無事終了。

以下は、検査とは関係ありませんが、監理者としてチェック。

給水・給湯ヘッダーを設計図通りに入れたかの確認。

ダイニングとキッチンの間に架け渡す、格子梁。丁度、梯子を横にしたようなもので、上下に走る梁を半間ピッチの柱でつないで、大きな格子梁として考えているものです。