SEEDS Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ建築設計室|デザインと機能を追求する一級建築士事務所

メニュー

狛江の家

南北に長細い敷地に建つ狭小住宅。
長かったマンション暮らしから戸建てに移るという経緯から、戸建てを満喫するためにもマンションにはない戸建てのメリットを出来るだけ当てはめていこうと考えました。
テントとデッキのある中庭。本棚が組み込まれた階段。女性の多い家族構成に見合った各階の洗面台等々。

それらを安易に組み込むのではなく、一つ一つのアイテムが光と風を取りこむのに有効な働きをしてくれるように、かつ、家族の動線に馴染むように間取りを収れんしていきました。特に南東角に配置した階段は、その上部の高窓からの光を1階の奥に取り込むための役割を果たしています。

狭小であるほど廊下を少なくしたいわけですが、LDKと個室とのつなぎ方が限定されがちで、どうやっても廊下が出てきてしまいます。
1階廊下は中庭にアイストップとして誘われるように配置し、2階廊下はギャラリーと名付けて壁にピクチュアレール、天井に向きの変えられるダウンライトを用意しました。2階は女性のみが使う廊下なので、飾るものに嗜好性が出てそれが家族の「らしさ」を表出するだろうと考えたわけです。

設計の終盤で、ご主人から「宮崎の実家の山で育った杉を使いたい」という話が出ました。
歓迎すべき話でしたが、入荷されてくるものが建材にふさわしいものとは限らないので、建物の性能に影響のない隣地境界の板塀、中庭で使うベンチに使わせてもらうことにしました。もちろん、乾燥や節の状態など指定はさせてもらいましたが、予想以上にコンディションの良いものが入ってきました。
かくして、板塀の塗装はご家族&SEEDSで、前庭の植栽もご家族&SEEDSで施工。お施主様にとって、思い出になる出来事が詰まった住宅になったと思います。

関連記事

RSS デザインと機能性のある家-2

  • 豪雨と入道雲 2018/07/10
    中国地方を中心とした豪雨のしょっぱなは、私たちが住んでいる首都圏ではあまり実感がなかった。 「人命に関わる被害 […]
  • 七回忌&奥浜名湖ツアー#2 2018/06/19
    前回の続き。 奥浜名湖ツアーの2日目。 地元で有名なうなぎ屋さん。大学サークルの浜松出身の先輩と岡崎の後輩が、 […]
  • 七回忌&奥浜名湖ツアー#1 2018/06/19
    今年は大学サークルの友人の七回忌に当たり、サークル有志で浜松に行って墓参してきました。楽天家の故人を偲び、しっ […]
  • ゴージャスなサンプルブック 2017/12/26
    施主打合せ中、話の流れでそもそもは予定していなかった人工大理石のサンプルブックを引っ張り出してきたところ、何年 […]
  • 引込柱の検討 2017/11/15
    電気の引込柱について、 スッキリポールとEポールの違いをちょこっと検討。スッキリは電線がポールの中に隠ぺいされ […]
  • 店頭に立つスタッフ? 2017/11/03
    上棟式の帰りに通った道。飲食店の横を通るとき視線を感じて、撮った写真がこれ。 今、イチオシのメニュー鳥塩うどん […]

Seeds Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ
建築設計室 
〒201-0015 
東京都狛江市猪方3-22-17-107 

お問合せフォーム