SEEDS Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ建築設計室|デザインと機能を追求する一級建築士事務所

メニュー

六条の家

北陸に建つ3世代の住宅です。豊かな自然に囲まれた立地ですが、その自然が強烈であるがゆえに、生活を営む上ではむしろ厳しい環境にあります。そこで住宅 の基本であるシェルターとして、性能上は閉じる方向を目指しました。その一方、それまでの大らかな暮らし方が新しい家においても営まれることを念頭におい ての計画となりました。

具体的には、600kg/m2という積雪荷重、気密性能、耐久性の観点からRC造を選びましたが、大らかな印象を持たせるために、コンクリート住宅特有の パラペット立ち上がりを極力抑え、水平線を強調する庇と、防犯機能を持たせた縦格子を組み合わせて、「コンクリートの箱」に見えないようにしていきまし た。

大きな家にありがちな「個室に入ると家全体の様子がわからない」ということの無いように、家族の喜怒哀楽が家中に伝わるように、個室と公室の関係を考えていきました。

内部において、視線をダイレクトに遮ったり通したりしない、光をダイレクトに取り込んだりしない、音を遮断しよ うとしない、といった「直接的ではない」つくり方で、大らかで柔らかく開いた空間をつくりたいと考えました。
そして、吹抜のあるリビングを上下階の中心に持っていき、個室がその吹抜けに隣接するように配置しました。そうすることで、個室にいてもリビングの様子 が音で伝わってきます。その逆に、リビングから子供たちの様子・・・勉強しているのか遊んでいるのかといった気配を感じ取ることができます。 このように家族の気配を感じる住宅を目指しました。

関連記事

  1. 北デッキの家

RSS デザインと機能性のある家-2

  • 東山魁夷展@国立新美術館 2018/11/18
    東山魁夷展を見に行ってきました。場所は国立新美術館。やはり魁夷展ということで、予想通りの混雑でした。でも、お客 […]
  • 品川インターシティ 2018/11/16
    サンゲツのショールームに行ったついでに、品川インターシティに行ってきました。 品川インターシティは日本設計によ […]
  • アアルト展に行ってきました! 2018/10/31
    神奈川県立近代美術館・葉山館 先週末、葉山へアルヴァ・アアルト展を観に行ってきました。 アアルトは、フィンラン […]
  • オリジナルの打合せテーブル 2018/10/22
    念願の打合せテーブルをつくりました。 一枚板は弊社の経営ではちょっと厳しく、お値段的に無理のない巾はぎ材でいこ […]
  • グラフィックボードの取り付けに挑戦 2018/10/20
    昔ならパソコンの筐体を開けて、メモリカードの増設などしていたのですが、最近はすっかりご無沙汰でした。最近アルバ […]
  • 新横浜駅高架下の側溝 2018/10/20
    最近、現場へ行くときに利用する新横浜駅近くで、面白いものを見ました。駅近くの高架下で、JRの敷地内だと思います […]

Seeds Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ
建築設計室 
〒201-0015 
東京都狛江市猪方3-22-17-107 

お問合せフォーム