SEEDS Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ建築設計室|デザインと機能を追求する一級建築士事務所

メニュー

木造住宅は寒い?

Q:
今の住まい(木造一戸建)が、底冷えするように寒いのですが、新居は木造で大丈夫でしょうか。
暖かい木造住宅はできるのでしょうか?


A:

建物の構造に関わらず、暖かい家はつくれます。もちろん木造でも大丈夫です。

今のお住まいが寒いのは、建てられたときの断熱設計の基準が、現在よりずっと簡素であること、それから断熱材自体の劣化が考えられます。

断熱設計の基準は、1980年に「省エネルギー基準」として、初めて制定されました。
その後、1992年に「新省エネルギー基準」が追加され、1999年には大幅な断熱性能アップとなる「次世代省エネルギー基準」が追加されました。
次世代省エネ基準からみると、1980年の省エネ基準は、1/5~1/3程度の断熱性能ということになります。

これらの基準は、住宅規模の建物では義務ではありませんが、住宅金融公庫(現 住宅金融支援機構「フラット35」)の融資条件であったり、低い金利が適用される条件であったりします。
住宅性能表示制度の「温熱環境」では、「次世代省エネ基準」は最高ランクの等級4、「新省エネ基準」なら等級3になります。
私たちも、フラット35や住宅性能表示の利用の有無に関わらず、これらの基準を断熱設計の目安にしています。

さて今のお住まいの話に戻りますが、築30年をこえる住宅の場合ですと、断熱材が入っていなくても不思議ではないということになります。
それより築年数が浅くても、各基準を満たしていないこともあるわけです。
木造の家だから寒いということではありません。

新居では、次世代省エネ基準や新省エネ基準を満たすように設計すればOKです。
さらに、現在ではサッシの断熱性能が格段に良くなりましたし、ガラスも複層ガラスが主流になっているので、今のお住まいよりは、確実に暖かい家にできるはずです。

関連記事

RSS デザインと機能性のある家-2

  • 豪雨と入道雲 2018/07/10
    中国地方を中心とした豪雨のしょっぱなは、私たちが住んでいる首都圏ではあまり実感がなかった。 「人命に関わる被害 […]
  • 七回忌&奥浜名湖ツアー#2 2018/06/19
    前回の続き。 奥浜名湖ツアーの2日目。 地元で有名なうなぎ屋さん。大学サークルの浜松出身の先輩と岡崎の後輩が、 […]
  • 七回忌&奥浜名湖ツアー#1 2018/06/19
    今年は大学サークルの友人の七回忌に当たり、サークル有志で浜松に行って墓参してきました。楽天家の故人を偲び、しっ […]
  • ゴージャスなサンプルブック 2017/12/26
    施主打合せ中、話の流れでそもそもは予定していなかった人工大理石のサンプルブックを引っ張り出してきたところ、何年 […]
  • 引込柱の検討 2017/11/15
    電気の引込柱について、 スッキリポールとEポールの違いをちょこっと検討。スッキリは電線がポールの中に隠ぺいされ […]
  • 店頭に立つスタッフ? 2017/11/03
    上棟式の帰りに通った道。飲食店の横を通るとき視線を感じて、撮った写真がこれ。 今、イチオシのメニュー鳥塩うどん […]

Seeds Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ
建築設計室 
〒201-0015 
東京都狛江市猪方3-22-17-107 

お問合せフォーム