SEEDS Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ建築設計室|デザインと機能を追求する一級建築士事務所

メニュー

予算オーバーのときの調整方法

Q:
工事見積が予算オーバーした場合はどうなりますか?
建築家に依頼すると、高めになってしまうと聞いたことがあるのですが…。

A:
私たちは、設計の金額的な精度を上げるために、設計途中で概算見積を出して、それを最終的な設計の「物差し」にしています。

それでも、見積が予算より高く出てくることはよくあります。
でも、予算から1割程度までなら、建材の変更、設備のグレードの見直し、家具・建具等オーダーメイド品を利用する範囲の見直し、オーダー品の仕様の変更、そして、工務店さんとの価格交渉などで減額できることが多いです。
したがって、私たちも「1割以内」を目標にしています。

概算からの金額アップの要因は、以下のように様々です。
①概算と正式な見積とで金額のブレがある。
②概算見積以降の実施設計の段階で、新たなご要望があった。
③概算段階で予算オーバーが予測されたが、あきらめきれず、設計に盛り込んでいた。
(→①にある金額のブレの兼ね合いで、予算に納まるケースもあるのです。)
④実施設計で性能設計を詳細につめた結果、追加した内容がある。
(→概算段階では詳細設計まではできないので、大まかに金額を予想します。その為にコストアップもあり得るのですが、実は、これが実施設計の大事なところだったりもします。)

上記以外にも原因はありますが、一方で、お客様の方で、「この内容は、金額によっては別予算で検討したい」というものもあります。
最終的な設計内容と予算組みは、お客様が決定なさることなので、私たちとしては、納得いただける内容にするために、色々な選択肢を残しているわけです。

建築家だから高くつくということではありません。
「できるだけご要望を取り入れて満足いただけるものをつくりたい。」という姿勢のあらわれだと思って、減額案の打合わせにお付き合いいただければと思います。

関連記事

RSS デザインと機能性のある家-2

  • 引込柱の検討 2017/11/15
    電気の引込柱について、 スッキリポールとEポールの違いをちょこっと検討。スッキリは電線がポールの中に隠ぺいされ […]
  • 店頭に立つスタッフ? 2017/11/03
    上棟式の帰りに通った道。飲食店の横を通るとき視線を感じて、撮った写真がこれ。 今、イチオシのメニュー鳥塩うどん […]
  • 杉板の色サンプルつくってみました 2017/10/20
    自然塗料で有名なオスモさんにお願いをして少量の色サンプルを頂き、実際の壁・天井に使う杉板に実験してみました。 […]
  • 清瀬で上棟 2017/10/16
    先週末、清瀬で上棟式を行ってきました。
  • プロジェクトスタッフ募集 2017/10/15
    現在、業務施設から個人住宅まで、様々な建築を手掛けています。 一つ一つの仕事を丁寧にするために、プロジェクト単 […]
  • ブログのお引越し 2017/10/15
    ブログのお引越しをしました。今までのURL  seeds-archi.air-nifty.com/ は閉鎖し、 […]

Seeds Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ
建築設計室 
〒201-0015 
東京都狛江市猪方3-22-17-107 

お問合せフォーム