SEEDS Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ建築設計室|デザインと機能を追求する一級建築士事務所

メニュー

階段と本棚の造作|狛江の家

2018-06-14

内部の造作の工事が進んでいます。
今回の主役は階段に据えた本棚。家の東南角に鎮座しています。

「東南角は一番いい場所のはずだけど、そこが階段と本棚…?」と、少し違和感を覚える方もいるかもしれません。でもこのあり方が、1階の居心地のポイントなのです。

今回の敷地は、住宅密集地で南北に細長い敷地、建ぺい率・容積率ともに厳しいため総2階建てにして床面積を確保する、南隣の家が敷地境界線に迫っているため南からの採光条件が悪く、南東と東側からは採光は良さそう、そしてLDKは1階に欲しい…。

これらの条件のもと、敷地の形状に合わせて南北に細長くなるであろうLDKの北側まで、どうやって光を取りこむかが、はじめにプランをつくったときの課題でした。

「南側に吹抜けをつくって、そこに高窓があれば光は奥まで入るよなぁ。でも吹抜けの分、部屋が狭くなるから、そんな余裕はないし…。」

迷った結果、思い切って採光条件のいちばんいい南東角を階段にして、そこにLDKをつなげることにしました。階段の上は吹抜けになるので、そこに窓があれば、1階のLDKの奥まで光が入ります。そして、面積の限られるLDKからの視線を階段まで通すことで、実際より広く感じられることを狙いました。

そんな目論見のもと、昨年末にファーストプランを提案、幸いにもお施主様に気に入っていただき、ほぼその通りに計画が進みました。変えたところは、お施主様のご希望で階段に本棚を付けたこと。階段がミニライブラリーになり、本をたくさんお持ちのお施主様に似合う空間になりました。

そしてその工事の図面。階段と本棚が絡むので、複雑なつくりになっています。図面の寸法の書込みもかなり細かくなりました。大工さんは図面を見て、「これは大変そう。ちゃんとできるかな?」などと言っていましたが、見事な出来ばえです。

関連記事

RSS デザインと機能性のある家-2

  • 新横浜駅高架下の側溝 2018/10/20
    最近、現場へ行くときに利用する新横浜駅近くで、面白いものを見ました。駅近くの高架下で、JRの敷地内だと思います […]
  • 多摩川で見かけた川下り 2018/10/20
    10月20日のことです。事務所へ出社する際に見かけた多摩川の風景です。 サーフボードのようなもので、川を下って […]
  • 豪雨と入道雲 2018/07/10
    中国地方を中心とした豪雨のしょっぱなは、私たちが住んでいる首都圏ではあまり実感がなかった。 「人命に関わる被害 […]
  • 七回忌&奥浜名湖ツアー#2 2018/06/19
    前回の続き。 奥浜名湖ツアーの2日目。 地元で有名なうなぎ屋さん。大学サークルの浜松出身の先輩と岡崎の後輩が、 […]
  • 七回忌&奥浜名湖ツアー#1 2018/06/19
    今年は大学サークルの友人の七回忌に当たり、サークル有志で浜松に行って墓参してきました。楽天家の故人を偲び、しっ […]
  • ゴージャスなサンプルブック 2017/12/26
    施主打合せ中、話の流れでそもそもは予定していなかった人工大理石のサンプルブックを引っ張り出してきたところ、何年 […]

Seeds Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ
建築設計室 
〒201-0015 
東京都狛江市猪方3-22-17-107 

お問合せフォーム