SEEDS Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ建築設計室|デザインと機能を追求する一級建築士事務所

メニュー

配筋検査|狛江の家

2017-10-10
9月下旬、配筋検査を行いました。

木造の場合、基礎の立ち上がりは、構造的に梁扱いをしていきます。一方で、1階の床下の点検ルート確保のためにはその立ち上がりを切って60㎝幅の開口を各ベイ毎(立ち上がりで囲われたところ)に設けなければなりません。
基礎の立ち上がりにかかる応力が均一に地面に伝わるように開口補強筋を入れます。そのため、開口補強筋は斜め筋を入れることが多いのですが、今回は、柱状改良の杭頭のところまで斜め筋を伸ばすことにしました。力の伝わり方が視覚的にも判りやすくなっていると思います。

1週間後、アンカー検査を行っています。アンカーボルトの位置と、立ち上がり筋のかぶり(型枠と鉄筋の離れ)を確認します。ユニット鉄筋(工場でタテヨコの端部筋を溶接しフックを設けない工法)を使っているので、かぶりは余裕をもって取れています。

一部、立ち上がりの位置が間違えたところがあったので、その場で監督が職人に伝えて直しています。

関連記事

  1. Exif_JPEG_PICTURE

RSS デザインと機能性のある家-2

  • 豪雨と入道雲 2018/07/10
    中国地方を中心とした豪雨のしょっぱなは、私たちが住んでいる首都圏ではあまり実感がなかった。 「人命に関わる被害 […]
  • 七回忌&奥浜名湖ツアー#2 2018/06/19
    前回の続き。 奥浜名湖ツアーの2日目。 地元で有名なうなぎ屋さん。大学サークルの浜松出身の先輩と岡崎の後輩が、 […]
  • 七回忌&奥浜名湖ツアー#1 2018/06/19
    今年は大学サークルの友人の七回忌に当たり、サークル有志で浜松に行って墓参してきました。楽天家の故人を偲び、しっ […]
  • ゴージャスなサンプルブック 2017/12/26
    施主打合せ中、話の流れでそもそもは予定していなかった人工大理石のサンプルブックを引っ張り出してきたところ、何年 […]
  • 引込柱の検討 2017/11/15
    電気の引込柱について、 スッキリポールとEポールの違いをちょこっと検討。スッキリは電線がポールの中に隠ぺいされ […]
  • 店頭に立つスタッフ? 2017/11/03
    上棟式の帰りに通った道。飲食店の横を通るとき視線を感じて、撮った写真がこれ。 今、イチオシのメニュー鳥塩うどん […]

Seeds Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ
建築設計室 
〒201-0015 
東京都狛江市猪方3-22-17-107 

お問合せフォーム