SEEDS Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ建築設計室|デザインと機能を追求する一級建築士事務所

メニュー

配筋検査|狛江の家

2017-10-10
9月下旬、配筋検査を行いました。

木造の場合、基礎の立ち上がりは、構造的に梁扱いをしていきます。一方で、1階の床下の点検ルート確保のためにはその立ち上がりを切って60㎝幅の開口を各ベイ毎(立ち上がりで囲われたところ)に設けなければなりません。
基礎の立ち上がりにかかる応力が均一に地面に伝わるように開口補強筋を入れます。そのため、開口補強筋は斜め筋を入れることが多いのですが、今回は、柱状改良の杭頭のところまで斜め筋を伸ばすことにしました。力の伝わり方が視覚的にも判りやすくなっていると思います。

1週間後、アンカー検査を行っています。アンカーボルトの位置と、立ち上がり筋のかぶり(型枠と鉄筋の離れ)を確認します。ユニット鉄筋(工場でタテヨコの端部筋を溶接しフックを設けない工法)を使っているので、かぶりは余裕をもって取れています。

一部、立ち上がりの位置が間違えたところがあったので、その場で監督が職人に伝えて直しています。

関連記事

RSS デザインと機能性のある家-2

  • 引込柱の検討 2017/11/15
    電気の引込柱について、 スッキリポールとEポールの違いをちょこっと検討。スッキリは電線がポールの中に隠ぺいされ […]
  • 店頭に立つスタッフ? 2017/11/03
    上棟式の帰りに通った道。飲食店の横を通るとき視線を感じて、撮った写真がこれ。 今、イチオシのメニュー鳥塩うどん […]
  • 杉板の色サンプルつくってみました 2017/10/20
    自然塗料で有名なオスモさんにお願いをして少量の色サンプルを頂き、実際の壁・天井に使う杉板に実験してみました。 […]
  • 清瀬で上棟 2017/10/16
    先週末、清瀬で上棟式を行ってきました。
  • プロジェクトスタッフ募集 2017/10/15
    現在、業務施設から個人住宅まで、様々な建築を手掛けています。 一つ一つの仕事を丁寧にするために、プロジェクト単 […]
  • ブログのお引越し 2017/10/15
    ブログのお引越しをしました。今までのURL  seeds-archi.air-nifty.com/ は閉鎖し、 […]

Seeds Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ
建築設計室 
〒201-0015 
東京都狛江市猪方3-22-17-107 

お問合せフォーム