SEEDS Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ建築設計室|デザインと機能を追求する一級建築士事務所

メニュー

配筋検査|狛江の家

2017-10-10
9月下旬、配筋検査を行いました。

木造の場合、基礎の立ち上がりは、構造的に梁扱いをしていきます。一方で、1階の床下の点検ルート確保のためにはその立ち上がりを切って60㎝幅の開口を各ベイ毎(立ち上がりで囲われたところ)に設けなければなりません。
基礎の立ち上がりにかかる応力が均一に地面に伝わるように開口補強筋を入れます。そのため、開口補強筋は斜め筋を入れることが多いのですが、今回は、柱状改良の杭頭のところまで斜め筋を伸ばすことにしました。力の伝わり方が視覚的にも判りやすくなっていると思います。

1週間後、アンカー検査を行っています。アンカーボルトの位置と、立ち上がり筋のかぶり(型枠と鉄筋の離れ)を確認します。ユニット鉄筋(工場でタテヨコの端部筋を溶接しフックを設けない工法)を使っているので、かぶりは余裕をもって取れています。

一部、立ち上がりの位置が間違えたところがあったので、その場で監督が職人に伝えて直しています。

関連記事

RSS デザインと機能性のある家-2

  • 品川インターシティ 2018/11/16
    サンゲツのショールームに行ったついでに、品川インターシティに行ってきました。 品川インターシティは日本設計によ […]
  • アアルト展に行ってきました! 2018/10/31
    神奈川県立近代美術館・葉山館 先週末、葉山へアルヴァ・アアルト展を観に行ってきました。 アアルトは、フィンラン […]
  • オリジナルの打合せテーブル 2018/10/22
    念願の打合せテーブルをつくりました。 一枚板は弊社の経営ではちょっと厳しく、お値段的に無理のない巾はぎ材でいこ […]
  • グラフィックボードの取り付けに挑戦 2018/10/20
    昔ならパソコンの筐体を開けて、メモリカードの増設などしていたのですが、最近はすっかりご無沙汰でした。最近アルバ […]
  • 新横浜駅高架下の側溝 2018/10/20
    最近、現場へ行くときに利用する新横浜駅近くで、面白いものを見ました。駅近くの高架下で、JRの敷地内だと思います […]
  • 多摩川で見かけた川下り 2018/10/20
    10月20日のことです。事務所へ出社する際に見かけた多摩川の風景です。 サーフボードのようなもので、川を下って […]

Seeds Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ
建築設計室 
〒201-0015 
東京都狛江市猪方3-22-17-107 

お問合せフォーム