SEEDS Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ建築設計室|デザインと機能を追求する一級建築士事務所

メニュー

配筋検査|三茶の集住

2017-03-21
1階基礎部分の配筋検査の様子です。
1階部分が鉄筋コンクリート(以下、RC)、2階が木造ということで、RC関連工事の職人の質が建物のクオリティに直結します。今回、構造事務所の配筋の考え方を汲み取ってくれる鉄筋工の職長さんで、指摘事項は一切ありませんでした。
私が設備スリーブを見ている間に、住宅保証会社の検査員も来ましたが、その人からの指摘事項も一切なし。「へぇ、こういう構造なんですね。大変でしたねぇ」
彼らは年間、何百という物件を検査しているわけですが、いつも見る配筋とは違っていたのでしょう、感心していました。
私の方は配筋のほかにも設備スリーブの確認があります。梁貫通の位置や止水ゴムの有無を確認していきます。

 

関連記事

RSS デザインと機能性のある家-2

  • 新横浜駅高架下の側溝 2018/10/20
    最近、現場へ行くときに利用する新横浜駅近くで、面白いものを見ました。駅近くの高架下で、JRの敷地内だと思います […]
  • 多摩川で見かけた川下り 2018/10/20
    10月20日のことです。事務所へ出社する際に見かけた多摩川の風景です。 サーフボードのようなもので、川を下って […]
  • 豪雨と入道雲 2018/07/10
    中国地方を中心とした豪雨のしょっぱなは、私たちが住んでいる首都圏ではあまり実感がなかった。 「人命に関わる被害 […]
  • 七回忌&奥浜名湖ツアー#2 2018/06/19
    前回の続き。 奥浜名湖ツアーの2日目。 地元で有名なうなぎ屋さん。大学サークルの浜松出身の先輩と岡崎の後輩が、 […]
  • 七回忌&奥浜名湖ツアー#1 2018/06/19
    今年は大学サークルの友人の七回忌に当たり、サークル有志で浜松に行って墓参してきました。楽天家の故人を偲び、しっ […]
  • ゴージャスなサンプルブック 2017/12/26
    施主打合せ中、話の流れでそもそもは予定していなかった人工大理石のサンプルブックを引っ張り出してきたところ、何年 […]

Seeds Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ
建築設計室 
〒201-0015 
東京都狛江市猪方3-22-17-107 

お問合せフォーム