SEEDS Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ建築設計室|デザインと機能を追求する一級建築士事務所

メニュー

杉の型枠施工中|三茶の集住

2017-04-19
1階床の打設が完了し、型枠施工中の写真です。
正面のオレンジ色の型枠と、木目の型枠が見えますが、この建物では2種類の型枠を使い分けています。
東日本震災以降、型枠合板は慢性的な品薄になっていて、普通合板の型枠は入らず、むしろ、以前は高級感を出すための塗装合板型枠が入るようになりました。オレンジ色のウレタン塗装を施した型枠がそうで、コンクリートがツルツルした仕上げになる型枠です。

木目の型枠は、杉板で浮造り(木目に沿って凹凸が出る仕上げ方)のものを入れています。そういう言い方をすると、随分高級なものを型枠に使用してるかのように聞こえますが、この板は節だらけで内外装の建材としては敬遠されがちなグレードのものを使用しています。塗装合板型枠の半分以下の値段のものです。ただし、小幅板を張り上げていくので人件費がかかります。ですから、仕上げの高級感というより、職人の手の痕跡が残るものにしたいというのが設計者の気持ちです。

写真は杉の小幅板の切りっぱなしを見ていますが、新品でももう反っています。乾燥が十分ではないそういうグレードのもので、この表情が外壁に転写されることで職人さんの手仕事が視覚化されていきます。

関連記事

  1. Exif_JPEG_PICTURE

RSS デザインと機能性のある家-2

  • 品川インターシティ 2018/11/16
    サンゲツのショールームに行ったついでに、品川インターシティに行ってきました。 品川インターシティは日本設計によ […]
  • アアルト展に行ってきました! 2018/10/31
    神奈川県立近代美術館・葉山館 先週末、葉山へアルヴァ・アアルト展を観に行ってきました。 アアルトは、フィンラン […]
  • オリジナルの打合せテーブル 2018/10/22
    念願の打合せテーブルをつくりました。 一枚板は弊社の経営ではちょっと厳しく、お値段的に無理のない巾はぎ材でいこ […]
  • グラフィックボードの取り付けに挑戦 2018/10/20
    昔ならパソコンの筐体を開けて、メモリカードの増設などしていたのですが、最近はすっかりご無沙汰でした。最近アルバ […]
  • 新横浜駅高架下の側溝 2018/10/20
    最近、現場へ行くときに利用する新横浜駅近くで、面白いものを見ました。駅近くの高架下で、JRの敷地内だと思います […]
  • 多摩川で見かけた川下り 2018/10/20
    10月20日のことです。事務所へ出社する際に見かけた多摩川の風景です。 サーフボードのようなもので、川を下って […]

Seeds Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ
建築設計室 
〒201-0015 
東京都狛江市猪方3-22-17-107 

お問合せフォーム