SEEDS Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ建築設計室|デザインと機能を追求する一級建築士事務所

メニュー

ボリューム検討-2|三茶の集住

2016-08-01
前回に引き続き、ボリュームの検討です。
前回の宿題は、2戸単身者向け・1戸ファミリー向けのC案ベースにするものの、ファミリー向けは1階と2階どちらがいいか比較したいということでした。それと、周囲との調和。

  • IMG_1990前回のC案模型

 

 

 

  • IMG_1992今回提出のC案模型。屋根の形を変更し、前面道路から見たときの圧迫感を軽減するようにしました。幅員が4Mしかないと、ちょっとしたデザインの処理が圧迫感の軽減に重要な要素となっていきます。

 

  • IMG_1993今回、新しくつくったD案。道路からの外観デザインはC案とあえて似せています。

 

 

  • <5A3A5C8E4F8CAC928389AE8C7689E65C907D96CA204488C4303630355F95BD9D案の1階平面。1階にファミリー向けを入れ、2階の単身者用2戸の玄関と階段が出てきています。
    階段を挟んで、ファミリー向けの住戸が、道路側と敷地奥側で環境の違う空間がつくれることが、この案の特徴です。

 

 

話し合った結果、ファミリー向けの日当たりがまんべんなく確保できるC案で進むことに。

関連記事

RSS デザインと機能性のある家

Seeds Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ
建築設計室 
〒201-0015 
東京都狛江市猪方3-22-17-107 

お問合せフォーム