SEEDS Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ建築設計室|デザインと機能を追求する一級建築士事務所

メニュー

ボリューム検討|三茶の集住

小規模集合住宅のお話を頂きました。オーナーのお考えとしては「長く住んでもらえること」「築年数が経っても入居してくれること」「そのためにはボリュームを詰め込みすぎるより居住性を大事に」という何とも建築家冥利のお話でのスタートでした。

お話を頂いた次の打合せで、ボリューム検討を3案提示。

IMG_1989A案は4戸の単身者・DINKS向け

 

 

 

IMG_1991B案は2戸のファミリー向けメゾネット

 

 

 

IMG_1990C案は2戸の単身者・DINKS向けと1戸のファミリー向け

 

 

 

「長く住んでもらえる住戸」という観点からA案はなくなり、平面的に二つも出てくる階段がもったいない、また、稼働率の観点でリスクが大きくなるB案もなくなりました。

一応C案で進むことになりましたが、「街並みのことも考えておいて下さいね」「B案のほうが空が多く見える」という言葉も頂戴し、次回の宿題に。

関連記事

RSS デザインと機能性のある家

Seeds Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ
建築設計室 
〒201-0015 
東京都狛江市猪方3-22-17-107 

お問合せフォーム