SEEDS Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ建築設計室|デザインと機能を追求する一級建築士事務所

メニュー

ウェブマガジン「homify」で桜川の家が『ローコストでオシャレな住まいを!合板を・・』の事例として

2016-07-25
桜川の家が、ウェブマガジン「homify」で『ローコストでオシャレな住まいを!合板を活かした家を考える!』という記事内に事例として取り上げられました。

以下、冒頭文

合板とは、薄い木板を‎繊維方向に90°ずらしたものを重ねることで、木が持つ性能のバラつきが小さくなり、反りや寸法安定性など単板よりも優れていて扱いやすい木板のことです。また、大きさや厚さも豊富で、価格も比較的安いのが特徴です。木目をきれいに仕上げたものもありますが、基本的には仕上げ材としては他の素材に比べていくぶん見劣りする分、下地材として用いられることがほとんどです。しかし、そのローコストのメリットを生かすために、合板をうまく住まいに取り入れている家も数多くありますので、今回はそうした実例を紹介していきたいと思います。

穴あき合板を使用した階段: シーズ・アーキスタディオ建築設計室が手掛けたモダン玄関/廊下/階段です。

関連記事

RSS デザインと機能性のある家-2

  • 豪雨と入道雲 2018/07/10
    中国地方を中心とした豪雨のしょっぱなは、私たちが住んでいる首都圏ではあまり実感がなかった。 「人命に関わる被害 […]
  • 七回忌&奥浜名湖ツアー#2 2018/06/19
    前回の続き。 奥浜名湖ツアーの2日目。 地元で有名なうなぎ屋さん。大学サークルの浜松出身の先輩と岡崎の後輩が、 […]
  • 七回忌&奥浜名湖ツアー#1 2018/06/19
    今年は大学サークルの友人の七回忌に当たり、サークル有志で浜松に行って墓参してきました。楽天家の故人を偲び、しっ […]
  • ゴージャスなサンプルブック 2017/12/26
    施主打合せ中、話の流れでそもそもは予定していなかった人工大理石のサンプルブックを引っ張り出してきたところ、何年 […]
  • 引込柱の検討 2017/11/15
    電気の引込柱について、 スッキリポールとEポールの違いをちょこっと検討。スッキリは電線がポールの中に隠ぺいされ […]
  • 店頭に立つスタッフ? 2017/11/03
    上棟式の帰りに通った道。飲食店の横を通るとき視線を感じて、撮った写真がこれ。 今、イチオシのメニュー鳥塩うどん […]

Seeds Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ
建築設計室 
〒201-0015 
東京都狛江市猪方3-22-17-107 

お問合せフォーム