SEEDS Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ建築設計室|デザインと機能を追求する一級建築士事務所

メニュー

昔から使っていた彫り物を再利用

築100年は経とうかという旧家の改装。
かつてのイメージを継承しながら内装を一新するということから、木の色合いには細心の注意を払いました。具体的には柱をアクを拭い取った後、新たに染め上げることで、今までよりは少し軽い表情にしながら、木目を浮き立たせる手法をとりました。
そして、アイストップとなる場所に彫り物欄間を移してきました。木の架構をそのままに、洋風フローリングを張り、洋家具をおいたら「大正モダン」の香りが漂ってきました。

左の写真はRC造の新築です。

老夫婦のための部屋に、建替え前の家の思い出の品として、彫り物の化粧欄間を再利用しました。
富山まで行って買い付けた欄間なのだそうです。

関連記事

RSS デザインと機能性のある家

Seeds Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ
建築設計室 
〒201-0015 
東京都狛江市猪方3-22-17-107 

お問合せフォーム