SEEDS Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ建築設計室|デザインと機能を追求する一級建築士事務所

メニュー

吹抜の高さにスケール感を与える衝立

部屋の広さに対して、単純に2層分の吹抜にすると、高すぎて所在ない感じになってしまうことがあります。

このリビングの場合は、天井まで4.6mある空間に対し高さ3mのL字型の木調衝立(ついたて)を設け、手前にソファ、その奥に階段を隠して落ち着かせるとともに、天井の高さにスケール感を与えています。

関連記事

RSS デザインと機能性のある家-2

  • 新横浜駅高架下の側溝 2018/10/20
    最近、現場へ行くときに利用する新横浜駅近くで、面白いものを見ました。駅近くの高架下で、JRの敷地内だと思います […]
  • 多摩川で見かけた川下り 2018/10/20
    10月20日のことです。事務所へ出社する際に見かけた多摩川の風景です。 サーフボードのようなもので、川を下って […]
  • 豪雨と入道雲 2018/07/10
    中国地方を中心とした豪雨のしょっぱなは、私たちが住んでいる首都圏ではあまり実感がなかった。 「人命に関わる被害 […]
  • 七回忌&奥浜名湖ツアー#2 2018/06/19
    前回の続き。 奥浜名湖ツアーの2日目。 地元で有名なうなぎ屋さん。大学サークルの浜松出身の先輩と岡崎の後輩が、 […]
  • 七回忌&奥浜名湖ツアー#1 2018/06/19
    今年は大学サークルの友人の七回忌に当たり、サークル有志で浜松に行って墓参してきました。楽天家の故人を偲び、しっ […]
  • ゴージャスなサンプルブック 2017/12/26
    施主打合せ中、話の流れでそもそもは予定していなかった人工大理石のサンプルブックを引っ張り出してきたところ、何年 […]

Seeds Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ
建築設計室 
〒201-0015 
東京都狛江市猪方3-22-17-107 

お問合せフォーム