SEEDS Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ建築設計室|デザインと機能を追求する一級建築士事務所

メニュー

パントリーをフル活用したキッチン

対面式のキッチンの背面に、大きめのパントリー(食品庫)があります。
キッチンの周りには、冷蔵庫や食器棚・家電棚は見えません。「引っ越し前の写真だから」という訳ではなく、すべてパントリーの中に置く計画になっています。

「パントリーがあったらいいな。」という声は多いのですが、面積やコストに余裕がないということで、あきらめる方も多いようです。
でも実は、「がらんどう」の空間は意外とコストがかからないのです。もちろん広さにもよりますが、キッチン背面に食器・家電用の収納を造り付ける費用を思えば、けっして無理な話ではありません。

こちらのキッチンではあえて背面収納をつくらず、広めの空間をパントリーとしてキッチンの後ろに用意しました。
I‘å‘qŽR2

パントリーには出入り口のドアも付けていません。ドアが無い方が出入りが楽ですし、扉の分、コストをさらに抑えることが出来ます。
パントリーの中に市販の食器棚や家電棚を置いて使うのですが、それらはダイニング側から見えないので、どんなものを置いても、ダイニング側のインテリアを損ねる心配がなく、また、ダイニングから見えないということは、パントリー内が散らかっていても、来客時に慌てることもありません。
また、キッチンの真後ろに冷蔵庫や食器棚があるわけなので、それらの連係もよく、使い勝手良好です。

対面式のキッチンの場合、リビング・ダイニング側からキッチンの背面収納が見えるので、そこの散らかりを気にする方が多いのですが、このパントリーを活用する方法は、一つの解決策になると思います。

関連記事

RSS デザインと機能性のある家-2

  • 東山魁夷展@国立新美術館 2018/11/18
    東山魁夷展を見に行ってきました。場所は国立新美術館。やはり魁夷展ということで、予想通りの混雑でした。でも、お客 […]
  • 品川インターシティ 2018/11/16
    サンゲツのショールームに行ったついでに、品川インターシティに行ってきました。 品川インターシティは日本設計によ […]
  • アアルト展に行ってきました! 2018/10/31
    神奈川県立近代美術館・葉山館 先週末、葉山へアルヴァ・アアルト展を観に行ってきました。 アアルトは、フィンラン […]
  • オリジナルの打合せテーブル 2018/10/22
    念願の打合せテーブルをつくりました。 一枚板は弊社の経営ではちょっと厳しく、お値段的に無理のない巾はぎ材でいこ […]
  • グラフィックボードの取り付けに挑戦 2018/10/20
    昔ならパソコンの筐体を開けて、メモリカードの増設などしていたのですが、最近はすっかりご無沙汰でした。最近アルバ […]
  • 新横浜駅高架下の側溝 2018/10/20
    最近、現場へ行くときに利用する新横浜駅近くで、面白いものを見ました。駅近くの高架下で、JRの敷地内だと思います […]

Seeds Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ
建築設計室 
〒201-0015 
東京都狛江市猪方3-22-17-107 

お問合せフォーム