SEEDS Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ建築設計室|デザインと機能を追求する一級建築士事務所

メニュー

玄関向こうの外に視線が抜ける玄関ポーチ

内へ入っていく動作の中で、視線が外部へ向かうと開放感が得られます。玄関にそんな仕掛けをすると、家の印象が大らかになります。ここでは、門扉から玄関越しに外の坪庭までを見通せる窓をつくりました。門扉から玄関までの間は通り土間になっており、門を施錠してしまえば夜気を安心して部屋の中に取り込むことができます。

扉の横から内部をのぞく(左)
さらに奥の坪庭まで見えます。
玄関扉を開ける(右)
下足入れ脇の窓の足元には照明が埋め込まれており、その上にガラスレンガを並べてあります。夜になると窓ガラスに光で浮かび上がったガラスレンガが映りこみ、また違った景色が奥行を見せてくれます。

関連記事

RSS デザインと機能性のある家-2

  • 豪雨と入道雲 2018/07/10
    中国地方を中心とした豪雨のしょっぱなは、私たちが住んでいる首都圏ではあまり実感がなかった。 「人命に関わる被害 […]
  • 七回忌&奥浜名湖ツアー#2 2018/06/19
    前回の続き。 奥浜名湖ツアーの2日目。 地元で有名なうなぎ屋さん。大学サークルの浜松出身の先輩と岡崎の後輩が、 […]
  • 七回忌&奥浜名湖ツアー#1 2018/06/19
    今年は大学サークルの友人の七回忌に当たり、サークル有志で浜松に行って墓参してきました。楽天家の故人を偲び、しっ […]
  • ゴージャスなサンプルブック 2017/12/26
    施主打合せ中、話の流れでそもそもは予定していなかった人工大理石のサンプルブックを引っ張り出してきたところ、何年 […]
  • 引込柱の検討 2017/11/15
    電気の引込柱について、 スッキリポールとEポールの違いをちょこっと検討。スッキリは電線がポールの中に隠ぺいされ […]
  • 店頭に立つスタッフ? 2017/11/03
    上棟式の帰りに通った道。飲食店の横を通るとき視線を感じて、撮った写真がこれ。 今、イチオシのメニュー鳥塩うどん […]

Seeds Archi-studio

シーズ・アーキスタディオ
建築設計室 
〒201-0015 
東京都狛江市猪方3-22-17-107 

お問合せフォーム